きやまんタイトル-3.jpg

コース途中の風景 (写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます)
(注意:風景は季節によって変わりますので、ご注意ください。)

CIMG0752.JPG①スタート地点の「総合運動公園駐車場」です。CIMG0900.JPG②北に向かって進むとまもなく三叉路になります。左に進んで「鳥栖筑紫野道路」の下を通り抜けます。CIMG0754.JPG③「鳥栖筑紫野道路」の下を通り抜け、50mほどで右折します。目印が無いので要注意です。CIMG0903.JPG④緩やかな登り坂を道なりに進むとまもなく三叉路に突き当たります。ここを左折して山の方に進みます。
CIMG0905.JPG⑤坂道が下りになってすぐカーブミラーがある三叉路になります。ここを右に進みます。三叉路の角には「基山登山口」の標識が見えます。「水門跡」を目指して進みましょう。CIMG0912.JPG⑥基肄城遺跡のひとつ、「水門跡」です。ここから本格的なウォーキングが始まります。CIMG0920.JPG⑦「水門跡」から10分ほどで分岐点です。標識に従って「史跡めぐりコース」の方向に進みましょう。CIMG0922.JPG⑧先ほどの標識から30mほどで「史跡めぐりコース」の標識です。矢印の方向に狭い道を下ります。(見落としやすいので注意)
CIMG0926.JPG⑨深い森の中を進みます。急な登り坂が続きますので、ゆっくりマイペースで歩きましょう。CIMG0927.JPG⑩登り始めて約10分で最初の史跡「米倉礎石群」に到着します。ちょっと一休みしましょう。CIMG0932.JPG⑪さらに登ると次の遺跡「鐘撞跡」です。伝承では寺院の関連施設があったといわれています。もう少し上り坂が続きます。CIMG0935.JPG⑫「つつみ跡」と言われている遺構で、直径8mほどのくぼ地です。これから先は下り坂が多くなって歩きやすくなります。
CIMG0950.JPG⑬東北門跡の分かれ道です。「史跡めぐりコース」の標識に従って左方向に進みます。CIMG0951.JPG⑭「東北門跡」を過ぎてしばらく行くと標識が無い分かれ道があります。左の階段を下らないでそのまま直進します。(注意)CIMG0957.JPG⑮何箇所かの「礎石群」を見ながら道なりに進みます。緩やかなアップダウンの歩きやすい道が続きます。CIMG0964.JPG⑯急に視界が開けて分岐点です。左は「史跡めぐりコース」、右は山頂につながります。今回は景色を楽しむために右に進みます。
CIMG0969.JPG⑰山頂付近の「基肄城跡の石碑」。この周辺では雄大な景色が楽しめます。一休みしましょう。CIMG0975.JPG⑱頂上付近の「いものがんぎ」そばにある標識。「史跡コース」の方向に進みます。これから長い下り坂が続きます。CIMG0988.JPG⑲長い下り坂の登山道が続きます。岩や木の根が露出していて大変歩きにくいので、足元に十分注意してゆっくり歩きましょうCIMG0990.JPG⑳長い急斜面の坂がやっと終わって、舗装された道が見えてきました。もう少しで「水門跡」に戻ってきます。
CIMG0995.JPG21.往路と同じ三叉路です。帰りは右方向に行って集落の中を通りましょう。道なりに緩やかな下り坂を歩きます。CIMG0440.JPG22.左手に老松神社が見えます。ゴールまでもう少しです。CIMG0996.JPG23.この三叉路を右に行きます。角に「手作りハム工房 花てぼ」の看板があります。CIMG1001.JPG24.「鳥栖筑紫野道路」上の陸橋を通り、しばらく行くと右手に「総合運動公園」の照明設備が見えてきました。この交差点を右折したらゴールはすぐです。